読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虎党日和

愛すべき阪神の日々のニュース更新

【阪神】糸井、自己最悪の24打席連続無安打 金本監督「乗り越えてくれると思ってる」

【阪神】糸井、自己最悪の24打席連続無安打 金本監督「乗り越えてくれると思ってる」 (スポーツ報知) - Yahoo!ニュース

 

f:id:hibimoromoro:20170524085356j:image

 

阪神0―1巨人(23日・甲子園)

 絶好機を逃し、糸井が唇をかんだ。1点を追う7回2死一、二塁。1ボール2ストライクからの4球目。菅野が投げ込んだ真ん中高め151キロに、バットは空を切った。4打数無安打に終わった超人は試合後、無言で甲子園を後にした。

 

 これで6試合連続、自己ワーストを更新する24打席ノーヒット。初回1死二塁で二ゴロ、3回1死二、三塁では左飛と、得点圏に走者を置いて3度凡退。この試合までの得点圏打率4割はリーグトップだったが、勝負強さは影を潜め、同3割6分8厘と陥落した。

 

 試合前の打撃練習で直接指導した金本監督は「リズム、タイミングが合ってないような感じ。乗り越えてくれると思っている」と変わらぬ信頼を口にした。この試合では1948、49年にビジターで使用した上下とも濃紺のユニホームを着用。藤村富美男らを中心に「ダイナマイト打線」を形成した当時の伝説の“ブラックユニホーム”でも糸井という“導火線”に火がつかず、2位の広島に1・5ゲーム差に迫られた。(橋本 健吾)

 

神は乗り越えれる試練しか与えない

古の人の言葉である

今の糸井にはこの言葉を与えたい

ただ、糸井がダメでも他でカバーすれば負けはない

カバー出来なかったので負けたのである

いつまでも糸井におんぶに抱っこではいけないのである

 

 


阪神タイガースランキング

 

“小姑”岡田の処方箋を尻目に…「金本阪神」快進撃

“小姑”岡田の処方箋を尻目に…「金本阪神」快進撃 (デイリー新潮) - Yahoo!ニュース

 

f:id:hibimoromoro:20170524084458j:image

 

 

就任2年目の金本知憲監督率いる阪神。3年ぶりに“貯金10”と調子がいい。

 

 さて、ここに『金本・阪神 猛虎復活の処方箋』(宝島社新書)なる本がある。2005年リーグ優勝時の監督だった岡田彰布氏が、今季の開幕に合わせて著したものだ。

 

 のっけから「第1章 金本・阪神のここがダメ」で始まるこの本、ダメ出しのオンパレードである。

 

 たとえば、

〈北條をセカンドに持ってきたらいいやんか。なんでそんな発想をしないんかなあ〉

“小姑感”丸出しである。

 

 その先の説明も嫌味だ。要は、日替わりで二塁手を使い回す金本采配をくさし、“二遊間は固定した方が良い”というのだが、

 

〈金本監督はずっと外野手だったから、選手時代に投内連係なんかに入ったことがないだろう〉

 

 と露骨に“外野”を蔑視(ちなみに、自身の現役時代は二塁手)。あげくに、

〈外野は暇なポジションなんだ。ゲームに入っていかない。(略)だから現役からすぐ監督になっても、なかなか野球の流れに入っていけない。/純粋な外野手出身で、監督として成功した人はどれくらいいるか考えてみて欲しい〉

 

 と、元も子もないことを仰る。

「“2軍監督をやっていない1軍監督はダメ”とも説いています。岡田さんはオリックス阪神の2軍でコーチや監督を計7年やっていますからね。一方、金本監督は2軍監督どころかコーチ経験すらありません」

 

 とスポーツ紙虎番記者

「でも、金本監督は北條を遊撃手で使い、ベテランの鳥谷を三塁手にコンバート。これが奏功し、守備の負担が軽減した鳥谷は、不振に喘いだ昨季から一転し、今季は打率3割台と好調です」

 

 他にも、福留を4番に据えるなど、岡田氏がダメ出ししている作戦はことごとく成功している格好だ。

「まあ、これがいつまで続くかわかりませんけどね。来年は“岡田監督”になってるかもしれませんし」

 

 あとがきには、

〈金本監督の胴上げが見られる日を、楽しみに待っている〉

 とあるけれど……。

週刊新潮」2017年5月25日号 掲載

新潮社

 

 

金本・阪神 猛虎復活の処方箋 (宝島社新書)

金本・阪神 猛虎復活の処方箋 (宝島社新書)

 

 

 

これは読んでみたい

敢えて岡田氏をフォローするとすれば、去年の成績を見て書かれており、誰もが若虎の成長を感じつつも半信半疑の時期の原稿だと言うことである

ただ、外野手出身で監督に成功した人はいるのか?等、かなり挑発的な内容もある模様

秋山ソフトバンク前監督は当てはまらないのだろうか?

ツッコミもできる最高の書籍の予感がする

 

 


阪神タイガースランキング

 

イオン甲子園店閉店のお知らせ

イオン甲子園店閉店のお知らせ|球団ニュース|ニュース|阪神タイガース公式サイト

 

f:id:hibimoromoro:20170513063812j:plain

 

甲子園球場に隣接するイオン甲子園店が、2017年5月31日(水)をもって営業を終了されます。
これに伴い、同店敷地にございます駐車場も営業を終了されますので、お知らせいたします。

 

 

ついにこの日が来てしまった

多くのファンが、イオンで買い物をし聖地に運んでた

各々が様々な思い出があるであろう

時代は変わるものであるが、別れはいつも寂しいものである

 

 


阪神タイガースランキング

 

5/23(火)今年も「伝統の一戦 人文字イベント」開催! 選手達は「ブラックユニフォーム」で参戦!!

5/23(火)今年も「伝統の一戦 人文字イベント」開催! 選手達は「ブラックユニフォーム」で参戦!!|球団ニュース|ニュース|阪神タイガース公式サイト

 

f:id:hibimoromoro:20170524082140j:image

 

23日(火)、2年目となる読売巨人軍との共同プロジェクト「伝統の一戦〜THE CLASSIC SERIES〜」として今年も「伝統の一戦 人文字イベント」を開催いたしました。

 

ご来場の皆様に「伝統の一戦シリーズロゴ」がプリントされた限定の濃紺色のTシャツをお配りし、4回終了時には紺色で埋め尽くされたスタンドにタイガースのTHマークが黄色く浮かび上がりました。

 

また、監督・コーチをはじめ選手達は、この3連戦(5/23-25)限定で1948年から1949年の「大阪タイガース」時代に着用されたブラックユニフォームを現代風にリメイクした「ブラックユニフォーム2017」を着用し試合に臨んでいます。

  

この「伝統の一戦〜THE CLASSIC SERIES〜」は、昨年、金本知憲監督・高橋由伸監督を指揮官に据えた両球団がその歴史の転換点となった昨シーズンより、両球団の更なる繁栄を祈念し、相互展開を図ったのが本プロジェクトとなります。

 

浮かび上がるTHマーク

甲子園には人文字が映え、良い雰囲気である

試合以外でもこのようなイベントで楽しめれば良い

 

 


阪神タイガースランキング

 

公式戦評 5月23日(火) 好投の秋山を援護出来ず

試合戦評 - 好投の秋山を援護出来ず|阪神タイガース 公式サイト

 

f:id:hibimoromoro:20170513063812j:plain

 

初回の攻撃で先頭の高山が四球を選ぶと、続く上本が1球でバントを決める。主軸のバットから快音は聞かれなかったが、3回にも秋山、高山の連打で無死1、2塁とチャンスを作ると、再び上本が1球でバントを成功させる。互いに0行進が続く展開だが、流れはつかみつつあった。

 

4回に先発・秋山は1死から非常に珍しい四球を与えたが、巨人の4番・阿部をサードゴロに仕留める。鳥谷ー上本ー原口と流れるような連携で併殺を完成させた。

 

秋山は6回までに浴びた3安打の内、2本が内野安打。非常に安定した投球を続けていた。

 

7回、2死から巨人の6番・石川に2塁打を浴びるとベンチは7番・中井を歩かせ、8番・小林との勝負を選択する。しかし、2ボール2ストライクからの5球目が高めに浮くとライト線に運ばれ、1点を失ってしまう。好投していた秋山は「最後の最後の精度っていう感じですね」と唇を噛んだ。

 

その裏、代打・キャンベルが安打を放ち出塁すると、代打・荒木のバントが相手の悪送球を誘い、無死1、2塁。失点直後のチャンスで同点、逆転への期待が高まったが、高山、上本が連続三振。痛烈な打球が惜しくもファールとなった糸井も空振り三振に倒れ得点ならず。伊藤和、高橋、藤川のリリーフ陣は無失点でつなぎ、1点差のまま9回裏を迎える。

 

先頭打者として打席に立った糸原が「塁に出ることだけ考えて」とフルカウントからストレートを捉え、レフト前安打で出塁すると、盗塁を決め、2塁に進む。一打同点の2死2塁、この日、2安打と当たっていた高山に打順がまわったが、適時打は生まれず。片岡打撃コーチは「菅野は多くチャンスあるピッチャーじゃない。その中でチャンス作ったけど、あと1本が出なかった。それに尽きる」

 

チャンスで3度凡退するなど、糸井の状態も心配されるが金本監督は「そのうち上がってくると思うし、特別どうというわけではない」と復調を待つ。

 

相手はエースが先発した試合で安打数は上回り、守護神から同点のチャンスを作った粘りは必ずや今後につながるはずだ。

 

昨日のような試合に勝てるようになれば、強さは本物

そう感じさせる試合であった

ただ、昨日の秋山は責められぬ

それどころか、秋山を勝ち投手に出来ないチームを恥じるべきである

可能性を確実性に変えることが求められる時期に来ている

 

 


阪神タイガースランキング

 

キャンベルまた代打でキラリ 上昇気流だ3連続出塁

キャンベルまた代打でキラリ 上昇気流だ3連続出塁 (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

 

f:id:hibimoromoro:20170524075141j:image

 


 ◇セ・リーグ 阪神0―1巨人(2017年5月23日 甲子園)

 

 限られた出場機会で、阪神・キャンベルが調子を上げてきた。1点を先制された直後の7回。無死から梅野の代打で登場し2ボール2ストライクから菅野の外角へのカットボールを中前に弾き返した。

 

 「初球のスライダーを打ちに行こうと思ったが、少しスピードが速くて(その後)追い込まれたので、とにかく打とうと思った。浮いた球だったから、ああいう形で落ちてくれたのでは」

 

 得点には結びつかなかったが、20日ヤクルト戦から代打で左前打、四球、中前打と3試合連続出塁を果たし状態は確実に上向きだ。「どんな形でも結果が出るのはいいこと。(菅野を打って自信になったかと問われ)毎回、自分の持っているものを出していきたい」と相手投手よりも自身のスイングをすることを心がける。

 

 ベンチスタートが続くが、腐ることなく結果を積み重ね、アピールを続けていくだけだ。

 

ようやくキャンベルのエンジンがかかってきたようである

真面目な性格で親子試合にも出場するなど、積極的に日本に馴染もうとしてきた姿勢が報われだした模様

しかし、まだ誰もこの程度では納得してなく、さらなる上昇をしてほしい

 

 


阪神タイガースランキング

 

阪神・高山、2安打も反撃機で見逃しK「打者として価値ない」

阪神・高山、2安打も反撃機で見逃しK「打者として価値ない」 (サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース

 

f:id:hibimoromoro:20170524072029j:image

 

セ・リーグ阪神0-1巨人、8回戦、4勝4敗、23日、甲子園)

 

2安打の感触は、消し去られた。高山の3出塁は得点にはつながらず。0-1の七回無死一、二塁で、3者連続三振の1人目になった。ギアを上げた菅野に力を見せつけられ、残ったのは悔しさだけだ。

 「あそこ(七回)でもそうですし、九回(二死二塁で中飛)もですし、そういうところで打てなかったら打者としての価値がない。悔しいです」

 

 一回先頭は四球。三回無死一塁では中前打で続き、五回二死走者なしでも右前打を放っていた。9日の東京ドームでも一回先頭で左翼線二塁打を放ち、4連続完封を狙いにきた難敵を叩く足がかりを作っていた。この日の3打席目を終え、今季の対戦打率は・667(6打数4安打)まで上昇していた。

 

 七回の場面。もちろん犠打の選択肢もあったが、将は昨季新人王に託した。4球目のフォーク、5球目の内角低め151キロを見送りフルカウント。だが最後は、それよりわずかにストライクゾーン寄りに151キロをねじこまれ見逃し三振。天を仰いだ。そこから上本、糸井も連続三振に終わった。

 

 「打者としての価値」は、指揮官が昨季から繰り返し言い続けてきたこと。殊勲打の選手は「あの場面で打てるのが打者としての価値」と称えられ、若虎たちは「10勝以上の投手を打たないと打者としての価値はない」と尻を叩かれてきた。その哲学が胸にあるからこそ、21日のヤクルト戦(神宮)での猛打賞に続く2試合連続今季12度目のマルチ安打にも「ランナーがいないところで(打っても)…」と“価値”を見出せなかった。

 

 菅野のギアチェンジを感じたか、と問われると「そうでしょうね。まあでも、それは分かっていること」と言葉を飲み込んだ。もっと高みへ登らなくては、この悔しさは晴れない。

 

2安打にも納得しない高山

その心意気、心強いではないか

暗黒期のタイガースは、坪井や和田のヒットだけが頼りであった

だがこの若虎はチャンスで打てないと意味がないとまで言う

このような気持ちを持つ選手がいれば大丈夫だ

 

 


阪神タイガースランキング